QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局で働く薬剤師の仕事とは

病院の近くに必ずあるのが調剤薬局であり、その中に必ずいるのが、調剤薬局薬剤師です。薬学部のある大学を卒業し、国家資格を取得しなければ薬剤師にはなれません。いわば選ばれた人間でもあります。


そんな彼らは、普段は一体どんな仕事をしているのか気になるところです。一体どんな仕事をして、どのような役割を担っているのか、詳しく説明していきます。


薬剤師の主な仕事は、医者が診断して出した処方箋に沿って、薬を調合し患者さんに提供することです。そしてその薬の飲み方、および成分や注意点を、患者さんに説明することも大切な仕事です。


とりわけ、処方箋の監査には、薬剤師の存在が最も大きくなるところです。処方箋の監査というのは、持ち込まれた処方箋に不備がないかチェックしたり、患者さんの保険番号や有効期限が切れていないかどうかも確認します。


よく薬を受け取る時にお薬手帳はないかどうか聞かれると思います。これは、過去にどんな薬を服用してきたのか、現在利用している薬と重複しているものはないかどうか、合わせて服用して相互作用などが生まれないかどうか、といったことも確認しているのです。


もし確認していく中で何かしらの不具合を見つけた時は、処方箋を発行した病院に連絡し、医者と相談の上、薬を提供するのかどうか判断します。つまり、薬を提供する上で、最後の砦となるのです。


他にも医薬品の在庫を管理したり、メーカーから取り寄せをしたりします。また最近では、ジェネリック医薬品と呼ばれる、効果は同じだが料金が安い薬に変更するかどうかを患者さんに確認することも大切な仕事となります。


ジェネリック医薬品の登場により、患者さんは薬に対しての選択肢がより増えたこととなり、その分薬剤師の役割も大きくなっているのです。


薬は一歩間違えば、体調に悪影響を与えることもあります。飲み方を間違ったり、組み合わせて服用してはいけないものがあると、たちまち病院と薬局の責任問題となります。


常に患者さんが安心して薬を飲むことができるように、薬剤師は日々薬を管理して提供しているのです。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ