QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局で働く薬剤師の転職理由は?

調剤薬局で働いている薬剤師の人も、一度は転職を考えることがあるようです。そして実際に転職してしまう人もいらっしゃいます。


転職先としては、別の調剤薬局だったり、大手のドラッグストア、また病院の中の薬剤師としての仕事など、多岐に亘ります。薬剤師の方は、どういった時に転職したいと思うのでしょうか。代表的な理由から説明していきたいと思います。


市場の大きな理由が、待遇のようです。調剤薬局で働く薬剤師の方の年収は、初任給から高い傾向にあります。そのため、最初の内はそこまで収入に不満を抱くことはありません。しかし、長く勤務を続けたとしても、収入が上がりにくいという傾向にあります。


そうなると、やはり働き続ける上で不満に思ったり、もっと水準の高いところで働きたいという想いが強くなります。今より給料が高かったり待遇がよい求人を見つけると、転職を考えることが多くなるようです。


次にくるのが、労働時間や業務内容に対する不満です。例えば求人の時に聞いていた業務内容と実態が違うといったことや、慢性的な人手不足によりなかなか休みが取れない、などの不満から転職に至るようです。


なかには、求人募集の時に提示されていた月給が、実は残業込みの料金だった、なんてこともあるようです。勤務時間、そして給与は会社と労働者の間で一番揉め事になりやすい部分です。だからこそ、転職理由としても、上位に挙げられることが多いのです。


最後に、職場の人間関係です。薬局はほとんどが割と狭いスペースの店舗で営業しており、またそこまで大人数で稼働している訳ではありません。そうすると、人間関係が近くなりやすいので、その分トラブルなども生じやすくなります。


周りのスタッフと上手くいかず働きにくくなる、こういった状況に陥った時に転職を考えるようになるのです。


転職とは、本来は後ろ向きなものではなく、自分のステップアップとして捉えるものです。ただ、中には後ろ向きな理由で転職する人もたくさんいらっしゃいます。


何はともあれ、最終的に自分に合った職場を見つけることが理想ではあります。よい求人が見つかると、転職することを視野にいれておくのもよいかもしれません。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ