QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局以外にも活躍の場がある

薬剤師の方のほとんどが調剤薬局で勤務することとなります。薬剤師が一番求められている職場でもあり、採用も多く行われているため、必然的に就職先がそこへ集中します。


しかし、最近では調剤薬局以外にも、薬剤師が活躍するフィールドが広くなってきているのです。一体どんな職場があるのか、見ていきましょう。


近年多くの薬剤師が働くようになっているのが、ドラッグストアです。基本的には、処方箋がなくても購入することができる、市販薬の取り扱いがメインです。その分商品の数が多いため、幅広い知識が必要となります。


また医者が出した処方箋に沿って薬を提供するのではなく、お客さまから相談を受けて、数ある商品の中から適したものを提案するといった役割となるため、より患者さんに近いところで活躍ができます。


薬だけではなく、生活雑貨なども取り扱っておりますし、店長ともなればスタッフの管理や、売り上げやコストの管理、在庫もチェックしなければなりません。より仕事に幅と責任感が増すのです。


製薬会社や治験業界などで働く薬剤師の方もいらっしゃいます。製薬会社では、その知識を存分に活かし、新薬の開発や臨床実験など、さまざまな面で活躍することができます。


最近では、大学の薬学部が4年制ではなく、6年制となったため、より深い知識を持った学生が卒業することになります。そのため新卒として採用する人数が多くなっている傾向にあるのです。


病院で直接活躍する薬剤師もいらっしゃいます。基本的な役割としては、薬の調剤や管理、患者さんへの指導となり、調剤薬局とさほど大きな違いはありません。


しかし直接患者を診て調剤をしたり、時には指導したりするなど、より患者さんに近い立場で仕事をすることができます。人とコミュニケーションを図りたい人にはうってつけの職場となります。


薬剤師の資格を持っている人は、一般的にそこまで多くはありません。だからこそ一人一人が重宝されやすく、また重要な役割を担っているのです。


調剤師の方は、今後もさまざまなフィールドで活躍することが期待されております。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ