QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

お薬手帳は必要なのか

調剤薬局で薬を処方してもらうと、必ずと言っていいほど「お薬手帳はありますか?」と尋ねられます。持っている人はその場で提出し、持っていなければ作ることを薦められます。


お薬手帳はどんな意味を持っているのか、そして持っていた方がよいのかどうか、気になっている人も少なくないと思います。果たして本当に意味があるものなのかどうか、解説していきます。


お薬手帳の一番の役割は、自分の薬の服用の記録です。基本的に薬局で処方される薬にはシールのようなものがついており、それをお薬手帳に貼ることによって、自分がどんな薬を服用してきたのか記録として確認できます。


薬剤師の方は、それを確認することで、今まで薬を服用してきて副作用などはなかったのか、アレルギーを持っていないのか、過去にどんな病気にかかってきたのかを知ることができます。


また、今現在飲んでいる薬と併用しても問題ない薬なのか、といった情報も得ることができるので、患者さんの健康のために非常に役立ちます。旅行や災害の時にも、このお薬手帳を見せることで、初めて診察してもらう病院でも、自分の情報を正確に示すことができるのです。


この制度自体は2000年から施行されていたのですが、2014年の4月からは少し制度が変更となりました。具体的な内容としては、お薬手帳を必要としない患者は、薬剤服用歴管理指導料が一回当たり340円に引き下げられるというものです。


実は、調剤薬局で薬の説明を受ける際に、お薬手帳に情報を書き込むと、その薬局に薬剤服用歴管理指導料という名目で、410円の報酬が与えられておりました。患者は3割負担なので130円自己負担していたのです。


しかし、実際にはお薬手帳を持っていない人がいたり、ただ単にシールが渡されるだけで意味をなしていないケースもあり、こうした制度の変更につながったのです。


お薬手帳は、患者さんの健康を管理するものであり、薬剤師はそれを確認して調剤することが大きな仕事でもあります。一方で日頃から薬を飲む機会は少ない人にとっては、お薬手帳の必要性を感じないこともあるようです。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ