QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師が求人を探す方法とは

せっかく薬剤師の資格を持っているのだから少しでも条件のいい求人をゲットしたいですよね。では薬剤師はどこで求人を探したらいいのでしょうか。


1.薬剤師用の求人サイトを利用する

現在もっとも有効なのが薬剤師用の求人サイトを利用することです。なにせ専用ですので、薬剤師求人情報がとても豊富にあります。


また、他業種ではあまり見かけないコンサルタントがつくサービスがあります。このコンサルタントは薬剤師の就職に特化した専門家で、さまざまな要望に合わったあなたにぴったりの求人を紹介してくれます。


面接のときに役立つアドバイスや、その職場の離職率など、他の場所では得られない情報もたくさんゲットすることが可能です。


また、薬剤師用の求人サイトには、他で出回らない求人が集まっています。職安や普通の求人サイトへは募集をかけない企業が、求人を出していることがあるのです。


そういった求人は条件が良いものが多く、さらなる高収入が期待できます。せっかく薬剤師の国家資格を得たのだから、思う存分それを活かしたいという人は、ぜひ薬剤師専用の求人サイトへ登録し、コンサルタントにその旨を伝えましょう。


2.職業安定所を利用する

仕事を探すためにもっとも一般的なのは職業安定所へ行くことです。ただし、他のすべての求職者の人も職業安定所へ足を運ぶわけですから、場所によってはとても混雑していたり、待ち時間が発生します。


しかし、薬剤師用の求人サイトを使用して求人を行うと、薬局や病院は手数料として多額のお金をサイトの運営をしている会社へ支払わなくてはいけません。


その費用を浮かしたいところは、職業安定所だけで求人を出します。よって、職業安定所で募集しているのは、資本金にあまり余裕がない中小企業が多いです。地元に帰り、大手チェーン店ではなく、地域に密着したところに勤めたいという人は、職業安定所を利用するといいでしょう。


3.一般の求人雑誌やサイトで探す

一般の求人雑誌やサイトにも薬剤師の募集は載っています。しかし、常に新鮮な情報が載っているわけではありません。雑誌は発行に時間がかかってしまいますし、他業種の募集も載せないとならないため、掲載スピードは遅れがちです。


新卒募集の場合以外、ほとんどの求人が早い者勝ちです。これぞと思った人が来てしまえば、企業はすぐに求人を停止します。一般の人と交じって薬剤師の求人を探していると、どうしても後手に回りやすく、魅力的な求人を見つけにくいです。高望みはせず、ゆっくり自分のペースで探したい人はこの方法がいいでしょう。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ