QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師が上手に職を得るためのコツとは

最近は薬科大学も増えてきましたが、薬剤師はまだまだ売り手市場だと言われています。とはいえ、どうせなら自分にあった素敵な職場に勤めたいものです。


薬剤師求人情報は世にあまた溢れていますが、就職を成功させるためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。


1.何を望んでいるのかをはっきりさせる

薬剤師の求人はたくさんありますが、中身は千差万別です。求職というと、ついついお給料の高いものに惹かれがちですが、そこばかりに目がいっていると、後で後悔し、転職しなくてはならなくなることもあるのです。


高給が望める職には、そうである理由が必ずあります。激務であったり、さらなる専門知識が必要であったり、離職率が異様に高い職場であったりです。給料ばかりでなく、内容や勤務時間までしっかり吟味して選んでください。


求人を見る前に、給与や勤務時間や休日はどれくらいほしいのか、具体的な数字を決めておくといいでしょう。それには、自分がどのような生活をしたいのかをしっかりと思い描く必要があります。自分が5年後、10年後にどのような生活をしていたいのか、ライフプランを練りましょう。


2.一カ所に絞って探さない

面倒だし、薬剤師は元々高給なほうの職だから大丈夫だよねと、適当に登録した場所だけで求職活動するのは危険です。


最近流行の薬剤師専用求人サイトを利用するにしても、一カ所だけに絞るのは止めましょう。なぜなら、サイトによっては悪質なところも存在するからです。


薬剤師専用求人サイトは、一人薬剤師を就職させるごとに、その企業から想定年収の2~3割を報酬として得ています。たくさんの薬剤師を就職させればさせるほど得られる金額は高くなるため、質の悪いサイトではとにかくどんな場所でもいいから薬剤師を職につかせようとするのです。


そういった悪質なサイトに引っかからないためにも、求人サイトを利用するなら複数のところに登録するようにしましょう。


また、どんなに良心的なサイトやコンサルタントでも、人間ですから相性があります。自分にあった場所を見極めるためにも、登録は一カ所に絞らないようにしましょう。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ