QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

薬剤師は皆どれくらい稼いでいるの?

薬剤師の職を探したいと思っても、求人はたくさんあるので、どれを選んでいいか目移りしちゃいますよね。他の人はどれくらい稼いでいるのか気になったりしませんか。そこで今後の目安にするためにも、薬剤師の給与についてあらかじめ知っておきましょう。


薬剤師の平均的な給与額とは

厚生労働省が調べたところ、薬剤師の平均年収は530万円でした。月収では37万円となります。パートや契約社員で働く場合、時給の平均は2130円でした。


しかし、薬剤師が就ける職場はいくつかあり、どこに就職するかでお給料は微妙に変わってくるようです。ドラッグストアなら年収で400~700万円、病院なら400万円~800万円、調剤薬局なら400~650万円、製薬会社の場合は400~800万円が平均的です。


また、薬剤師は女性であることが多いですが、男性の平均年収が562万円なのに対し、女性の平均年収は520万円でした。これは店長や管理職に就くのは男性が多いからもあるでしょう。


給与が高い場所には理由がある

もらえる給与は多ければ多いほうがいいと思う人が多いでしょう。しかし、企業はできるだけ支出を抑えたいのですから、理由のない高給な職はありません。


たとえばドラッグストアで高給ならば、店長にならなくてはならないことがほとんどです。こういった場合、薬剤師としての能力だけではなく、経営能力や管理能力、人心掌握能力などまで要求されることとなります。より高い給与を狙うのなら、それに見合った要求を満たせる覚悟が必要です。


薬剤師求人情報を見て、高給に惹かれたなら、まずはコンサルタントの人などに、なぜこの給料であるのか理由を尋ねておきましょう。中には、人間関係が悪くて離職率が高いために、給料が上がっているなんてケースまで存在します。


そういった細かい面まで面倒を見てくれることを考えると、薬剤師専用求人サイトに登録して求職活動するのがおすすめです。サイトの力に頼らず自分で求職活動をしている人は、ためらわず、自分が納得できるまで面接で詳しく尋ねるようにしましょう。

ジョブデポ薬剤師口コミ・評判詳細へ


薬剤師ではたらこ口コミ・評判詳細へ

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ