QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

院内薬局での薬剤師

薬剤師の新卒での就職先の人気では、病院が一番ということです。 この場合の病院勤務とは、院内薬局を指しています。 新卒の薬剤師ですから、院内薬局が憧れの勤務先のようです。 在学中に学んだことを活かせる場所として選ぶことが多いと思われます。 特に、入院設備もある大きな病院で、臨床体験もできる場所として大学病院があげられます。


病院に勤務している薬剤師のことを「病院薬剤師」と呼んでいます。 その仕事の内容は、調剤薬局とはどのように違ってくるのでしょうか。 医師の指示により入院している患者の注射薬や投薬の調剤、病院内製剤、薬服用時の患者への指導、病棟薬剤師の補助などです。 その仕事のほとんどが、入院している患者に関わる病院内の仕事となります。 院内薬剤師ということで、医師や看護師と同様に当直勤務もあります。 また外来や調剤薬局には見られない休日の出勤もあります。


そして大学病院ということで考えてみると、大学病院というところは他の公的病院とは違った意味があります。 大学の医学部の付属病院なので、医学部の学生が臨床実習を受けることもあります。 そのほとんどが、大学生へ教育をする場所となっています。


また、大学病院というところへは、他の病院でなかなか治らなかった難病の患者が紹介状などを添えて診察を受けにきます。 他の病院では遭遇することもないような難病の治療現場での臨床体験をすることは、学生にとってはめったにないことなので、大学病院での高度な技術を学ぶことのできる良い現場となっています。 また自分の知識を高める良い経験となります。


調剤薬局の求人情報のように、院内薬剤師の場合は、公表されることもあまりないようです。 その一方で、大学病院で働く薬剤師は、高度な設備と最先端の技術についていかなければならないので、スキルアップも日々しなければなりません。


同僚でもライバルになってしまいます。 このような場所で自分の知識を高めることができるので、やりがいのある職場となることは間違いでしょう。 病院薬剤師としての当直もある勤務というハードな環境のなかで、毎日勉強を怠らないように維持していくのは難しいものです。


大学病院の院内薬剤師のもらえる給料はどのくらいなのでしょう。 大学病院勤務ということなので、公務員の給与に準ずるようで、一般病院勤務と同じくらいと言われています。 ハードな勤務状況のわりには、見合わない金額かもしれません。


しかし、大学という特殊な学びの場所でもあることから、そこで働く薬剤師は「仕事のやりがい」を優先しているかもしれません。 給料の面では、恵まれていなくても「やりがい」を感じて仕事をしていくのも大事なことです。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ