QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

学校で働く薬剤師とは

薬剤師が働く場所として学校で勤務するということもあります。 このように学校での仕事が主な薬剤師は、学校薬剤師と呼ばれています。 全国の大学を除く全ての公立・私立を含む幼稚園から高等専門学校全ての学校に、学校医や学校歯科医と共に配置されています。


学校保健安全衛生法という法律で定められているものです。 小学校から高校までは、学校内に保健室というものがあり、担当の先生が常備されていました。 そこでの仕事が主なもののようです。


具体的には、どんな内容の仕事となるのでしょう。 定めとされているものは、学校の環境衛生についての検査や児童、生徒にとって快適な学校環境を作るためのアドバイスなどをすることとなっています。


保健室や理科室においてある薬品の点検やごみの処理、最近はあまりいないネズミや害虫の駆除作業も仕事の一部となっているようです。 学校周りの騒音などの調査もします。 特に幹線国道沿いに立地している学校では、重要な仕事となります。


学校内の換気や湿度の管理したり、生徒が薬物乱用していないかなどを管理し防止することも学校薬剤師の仕事になります。 良く見かける夏のプールの授業前の水質検査も重要であり、学校内の飲料水や学校給食の衛生管理も大事な仕事です。 また学校に携わる立場として、学校保健委員会というものに参加することもあります。


このように多くの仕事を抱えている学校薬剤師の勤務状況をみてみます。 自治体により決められていることは、その担当している学校への出勤日数は月に1日程度となっているところが多く、年間でも12日程度となっているようです。


そのため毎日出勤することのない嘱託扱いが多くなっています。 公立の学校に出勤していても公務員とはなりません。 どのような薬剤師が学校薬剤師となれるのでしょうか。 学校薬剤師としての求人募集は、ほとんどみかけることはないかと思われます。


教育委員会と接することが多いということから、薬剤師として長く履歴がある人や地位を持っていなければならないからです。 そして教育委員会のある自治体の薬剤師会に正会員となっていることが必要条件で、教育委員会から任命されます。 つまり求人情報誌やハローワークなどでは募集をしていないことになります。


調剤薬局に勤務している管理薬剤師や病院勤務であれば薬局長などのような高いポストについていなければならないようです。 または自分で薬局を経営している薬剤師などという必要条件もあります。


その収入は、学校薬剤師としては多くて年間12日くらいですので、自治体から支払われるとしてもそれだけでは安いものとなります。 しかし、このような学校薬剤師の多くが副業のような勤務をしていることから、本職の薬局や薬剤師の年収に加算して考えてみると高額となります。


学校薬剤師のみの収入は、各教育委員会により違っていますが、年間7万円から15万円の間が多いようです。 生徒や児童の安全を管理する仕事としての学校薬剤師だけの収入として考えてみると、少し少ないのではと思われます。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ