QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

自分のキャリアについて考えるべき時

どこでどのような分野を担当するかによって、同じ薬剤師としての資格を持っていても、その後のキャリア構築が異なってきます。 最近では資格があるというだけで生き残っていける時代ではありません。


もちろん、最終的には近所のドラッグストアで調剤の仕事をするというのであれば、そこまでキャリアアップにこだわる必要はないでしょう。


しかし、せっかく大学で一生懸命学んで国家試験に合格し、生涯の仕事としてとらえるのであれば、すこしでも自分の望むキャリアを構築していくことに心を砕くべきでしょう。


そのように考えるときに、転職自体を考えるというよりも、同じ職場で同じ分野だけを担当していることに危機感を覚える人がいるのも当然です。


とくにいまの時代ではマルチプレーヤーが求められると共に、スペシャリストが重宝されるというような、いろいろな要素が複雑に絡み合っている時代ですから、自分自身のこれからについてこのあたりで立ち止まって考えてみるのはいかがでしょうか。


世間の風潮としても、必要に迫られてではなく、積極的な行動として転職を活用する人が増えています。 薬剤師の場合も、転職サイトなどの支援を受けることによって、意外な転職先も含めて豊富な情報を入手することができます。


いろいろ情報を探していると、たとえば食品関係の会社で有資格者を募集している場合があります。 さらには化粧品関連の会社、教育関連の会社など、一見自分とは縁がないように思える会社からもオファーがあることに気づきます。


日本の今後を考えるときに、いまの職場でも自分の仕事がなくなる日が来るとは考えにくいかもしれませんが、それでも自分はいまの職場で生涯勤め上げることで満足できるのかどうか考えてみましょう。


最近では簡単に情報を入手できることもあって、転職サイトに登録を済ませておいて、必要に応じて利用する人が増えています。 大抵の場合は無料で利用することができます。


そして、登録をしたら絶対にそこで転職をするための仲介をしてもらわなければならないというわけでもありません。 気軽に考えて、情報検索のつもりでも大丈夫なのです。


自分の将来やキャリア構築に関しては、きっと他人はそこまで関心を払ってくれないでしょう。 そうであれば、自分で自分のことをよく考えて、必要な行動を起こしていくしかないのです。


今後の日本では、欧米諸国に近づいて生涯で何度も転職をすることが当たり前になってくるかもしれません。 世間的に後ろ指を指されることもないわけですし、転職によって状況がさらによくなる可能性があるのであれば、積極的に利用してみるのはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ