QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

情報の多さがカギを握る

意外に転職が少ないと世間では思われているものの、統計を取ると薬剤師の転職は多いのです。 もちろん、生涯で一度も勤務先を変更することのない方、あるいは途中でライフステージの変化によって離職する方もあります。


さらに、転職の中に含まれるのは、出産や結婚を機に働くことのできる時間が減るために、それまで正社員として働いていた人がパートタイムやアルバイトとして働くという行為も含まれています。


最近では勤務先によって異なるデータも出ています。 たとえば、製薬会社などで働く薬剤師の場合は、比較的安定した待遇や環境の中で働くことができるため、勤続年数が長くなる傾向があります。


その一方で、調剤薬局やドラッグストアなどでは契約社員としての扱いになるため、いい話があれば他のところへ移るということもよくあります。


さらに、一定期間の離職を経て復職する場合にもやはり転職支援サイトなどの利用を考えるため、それらを総合的に考えると転職が多いという結論になります。


それと共に、専門職であるだけに意外な転職先を用意されているのがその特徴です。 その一例として、世間一般ではあまり知られていませんが、行政機関で働くという道が開かれることがあるのです。


もちろんそのような分野での求人があふれているということはありませんが、絶えず需要はあります。 行政機関でどんな働きをするのでしょうか。 たとえば、製薬会社が開発して新薬の認可を下すのは行政機関です。


その際には、審査や決定を下すための要素があり、そのような点で良い立場にあるのが薬剤師なのです。 さらに、新規で病院や調剤薬局が開設される場合にも認可が必要です。 そのような認可を行なう行政機関では人が必要になるわけです。


そのような認可に際して、定められた項目を満たしているかどうかチェックすることもその仕事のうちです。 そのほかの意外な転職先としてあげることができるのは、飲食店などの衛生環境をチェックする分野での仕事です。


水質のチェックや大気汚染、有害物質の程度などをチェックしている人がわたしたちの地域に入るのですが、薬剤師としての資格と経験をそのような分野で生かすこともできるのです。


調べることによって、自分では思い描くことが難しいような意外な転職先について知ることができるのです。 そのような情報はどこで入手できるのでしょうか。


最近では転職サイトから情報を入手することができます。 多岐にわたる情報を入手することができるなら、その分だけ可能性が広がるのではないでしょうか。 身近に利用できるサービスがあるわけですから、これからのことも考えて積極的に活用するのはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ