QLOOKアクセス解析
イメージ画像

薬剤師になりたい!
そう思ったら、まず行動!

明日があると信じてはいけない?

以前の職場が大好きだったという方も転職することがある時代です。 なぜでしょうか。 なぜなら、好きだとか、働きやすいということは、今後も安定して働き続けることができるということとは関係がない場合があるからです。


とくに、業界再編や社会構造の変化によって、いわゆる落ち目となっている産業や業界もあります。 そのような業界で働いている方にとっては、自分がその仕事を気に入っているということで続けていくことが致命傷となってしまうこともあるのです。


その点で、病院で働いている薬剤師さんが業界の影響によって仕事を失っていくということは考えにくいかもしれません。 それでも、薬剤師さんの中には同じ環境で働き続けることの危険に対して不安を覚える場合があります。


たとえば、病院勤務の場合はある程度扱う薬の種類なども決まっており、その仕事を毎日続けていてもそれ以上のキャリアアップ、スキルの向上を望むことができないかもしれません。


もちろん、一生涯その場所で働くということであれば、薬剤師の場合は仕事を失う確率も他の業界に比べると少ないはずなので問題ないかもしれません。


しかし、そのような調剤の環境で働く方の中には、実は自分自身の知識が大いに不足していることに気付く場合もあるのです。 そのような方の中には、積極的に転職支援サイトを活用して、自分のキャリアをアップさせるためにできることを探すことにする場合があります。


たとえば、薬に対する知識をもっと増やしていくことを目指して製薬会社への転職に成功した人たちが多くいます。 製薬会社において自分らしい働き方をしながらも、これまではあまりかかわることのなかった分野の薬に対する知識をさらに蓄えていくことができるのです。


そのような知識と経験をベースにすれば、その先にはさらに活躍できる分野が開けるかもしれません。 キャリア構築の話になると、これからは自分自身をスペシャリストとして売り込むことができなければ、たとえ高学歴でも有資格者でも生き残っていくことができないほど厳しい時代になろうとしています。


ライバルはいまでは世界ですから、いつ競争の波に巻き込まれるかわかりません。 しかし、どんどんキャリアを伸ばしていくことに関心があるかどうかは別として、どのように自体が変化しようとも、それに対応することができる備えをしておくのは賢明なことです。


すでに少なくとも1つの転職視点サイトに登録しているという人も少なくありません。 登録さえしておけば、必要に応じて情報を入手することもできますし、業界の動向を探ることもできます。 積極的に利用できるものを見つけて実際に活用していきましょう。

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ